切開だけじゃない!いろいろな選択肢から選べるバストアップの手段


ヒアルロン酸の注入によるサイズアップ

豊胸手術は一昔前であれば切開による手術が一般的で、傷跡が残ることに抵抗を感じて踏み出せない女性もたくさんいました。しかし、時代の移り変わりによって、切らずにバストアップができるようになっています。

いくつかある選択肢の中で比較的利用者が多いと言われているのがヒアルロン酸の注入です。これは文字通り糖分の一種であるヒアルロン酸をバストに注入してサイズアップを図る方法になります。注射はバストの境界線に当たるバージスラインに打つので、針で開けた穴を人に見られる心配はありません。

自然な仕上がりが期待できる脂肪注入

ヒアルロン酸と並んで人気があるのが脂肪注入です。この施術は本来であれば不必要なお尻やお腹周りに存在する脂肪を吸引してバストに変える体のリサイクルのような方法になります。こちらもバージスラインに沿って注射をしていくので、他人に知られることなく豊胸手術を受けられるのが特徴です。

脂肪注入はいくつかある方法の中でも最も自然に近い仕上がりに出来ると言われています。その反面、費用が若干高めになってしまうこともあるので注意が必要です。

シリコンによるサイズアップ

最後に紹介するのがバスト部分にシリコンを挿入する豊胸手術です。シリコンと言えば一般的に固いイメージをもたれがちですが、技術の進歩によって柔らい素材の物も増えているので、自然な形に仕上げることができます。

シリコンの挿入はこれまで紹介してきた施術とは異なり、脇の下の部分を数cm程度切る必要がありますが、時間の経過共にシワと同化して目だなくなるので心配はいりません。この方法は選ぶ素材によって費用を抑えられるのが特徴です。

豊胸手術は胸を大きくする手術です。注射器でヒアルロン酸を入れる、自分の脂肪を胸に入れる、脇の下からシリコンを入れる手術があります。